『24 -TWENTY FOUR』のLINE(ライン)着信音はコチラ

『24 -TWENTY FOUR』のLINE(ライン)着信音はコチラ

海外ドラマの『24 -TWENTY FOUR』着信音がLINEに設定できます!

スマートフォン専用の公式サイトでは、

CTU内線音や、タイムリミット音、ジャックバウアーの着ボイス(モノマネ)が全てダウンロードできるんです!

iPhone、Androidどちらにも対応していますので、

お使いの端末からダウンロードしてみてください。

クオリティの高い音源で、24の気分が味わえます。

LINE、メール、コールなどに
使用可能です。

『24 -TWENTY FOUR』の内容について

 

視聴率の低迷が起こると即打ち切りも珍しくない海外テレビドラマ界で異例の長寿番組として成功を収めた『24 -TWENTY FOUR』シリーズは「シーズン・ファイナル」で一旦終了しました。

ですが、2014年に『24LiveAnotherDay』と銘打って復活したんですよね。

前回のエンディングで海外逃亡生活を強いられる事になった主人公ジャック・バウアーが今度はロンドンで活躍します。

また、シーズン途中から登場してファンの圧倒的支持を得ていたジャックの同僚クロエも意外な形で復活。

共に巨悪に立ち向かう事になります。

今作の見所はすでに公の機関に所属出来なくなり、四面楚歌の状況となっているジャック・バウアーの行動にあります。

以前のシリーズは時間が同時進行するという独特のスタイルで人気を博しましたが、今回は半分の12話構成。物語が進行するスピードと急展開ぶりはシリーズ屈指の速さです。

このドラマの真骨頂である「前話までは味方だった人物があっさりと裏切る」というシチュエーションも登場し、ファンも納得の仕上がりとなっています。

また、現代のテクノロジーの進化を上手にドラマに取り入れているので、普段では知ることが出来ない政府や諜報機関の裏側を見たような気分になれるのもポイントです。

今回はジャックが因縁のロシア側に連れ去られるという悲しいエンディングとなってしまいましたが、唯一の救いはボーナス・コンテンツで見ることが出来る元同僚で収監中のトニーの脱獄です。

現在リメイクシリーズが放送中ですが、もしオリジナルキャストで次回作が作られたとしたら、冒頭でジャックを救い出すのはトニーではないか、と私は思っています。